シグナル100 映画 感想 ネタバレあり

f:id:rarabuu:20210308173948j:image

f:id:rarabuu:20210308174121j:image

f:id:rarabuu:20210308173942j:image

 

 

 

〈STORY〉

朝。まもなく始まる学園祭の準備で慌ただしい日々を送る聖新学園高校3年C組の生徒たち。担任教師・下部(中村獅童)に視聴覚室に呼び出された樫村怜奈(橋本環奈)ら36人は、突然、不気味な映像を見せられる。それは≪自殺催眠≫の暗示だったー。
その催眠発動(自殺)のシグナルは、全部で100種類。「遅刻をする」「スマホを使う」「涙を流す」……何気なく普段行っていた行為が死を招く。学校から出ることも、外部に助けを求めることもできない。死の暗示を解く方法はクラスメイトの死のみ。最後に生き残った者だけが、自殺催眠から逃れられるというのだ。
シグナルを発動させてしまった生徒たちが次々と壮絶な死を迎える中、その謎を明かされないまま、下部は教室の窓から飛び降り、突然の死を遂げてしまう。
絶望的な状況のもと、人間の醜い本性が次々と暴かれ、やがて、生き残りを賭けた壮絶なデスゲームへと発展していく。タイムリミットは夜明けまで。樫村は全員が生き残る方法を見つけようと、この見えない恐怖に立ち向かうがー。
催眠を解くのが先か、自分以外のクラスメイト全員の死を見届けるのが先か!?狂気と絶望のデスゲームの結末とは……!?

 

〈感想〉

原作を読んでないので、原作と映画の違いはわかりませんでした。

 

まず初めに学校から飛び降りて死んだ生徒達が、居なくなっていたのは、なんで❓と思いました。

誰も学校にはいないので、遺体を片付ける人はいないと思うのだけど…。

 

先生も初めは、優しくていい先生だったのに、いきなりサイコパスな感じになるし…。なんで❓と思いました😓

 

あんまり生徒達のことも、よくわからないまま、次から次へ自殺していきました。

少しグロい部分もありましたが、一人一人死に方が違うのは、工夫されていたのかなと思いましたし、そこが見どころだったのかなと思いました。

 

橋本環奈は、優等生な感じで、いつも正論を言っています。

主人公なので死なないんだろうなと思って見てたら、やっぱり最後の1人まで生き残りました。

 

和田が図書館の本から64のシグナルを探り出したけど、図書館にそんなのあるの❓と疑問に思いました😅

 

5年後、法律では先生を裁けないことに気づき、犯罪心理学を学び、自分たちが自殺催眠にかかったDVDを先生に流し復讐します。

 

先生も飛び降りたのに、何で助かったのかな?

飛び降りても大丈夫なような何かを置いていたのかな?と疑問でした。

 


橋本環奈は、事件のあった学校の校舎を歩きながら終わります。

 

何で❓と疑問に思う部分がある映画でした。